OKINAWA
シニアの快適カメラライフ
遠出の散策 近場の散歩
さあ~今日はどこへ行く..

さんぽでひとりごと
10月、アレカヤシが青空高く伸びる。樹高は7~10mにもなる高木だ。特徴は竹のような節がありすらっと伸びた幹と、葉が
羽状複葉
羽状複葉=うじょうふくよう
葉の形態が鳥の羽のように連なっている形状
で広がる細長い葉の樹形からは涼しげで品位あるのが印象的だ。ヤシの中でも好きな種なので、見つけるとしばらく見入ってしまう。見上げると「はやく撮って」とばかりに手を広げているようにも見えた。
/ Snap PHOTO Diary
カメラメモ》絞り優先です。露出を葉の影に合わせ撮影しています。

スナップ写真とは?
スナップ写真はスナップショットなどとも呼び、日常のありのままを素早く撮ることをいいます。
スナップ撮影のマナー
スナップ撮影で一番気を付けたいのが人物の撮影です。群衆的に人物が写真に入るのは問題ないとしても、特定の人の撮影は相手の承諾を得るのは常識だしマナーというものです。また他人の敷地内や立ち入り禁止区域など勝手に入らないなど、常識範囲内でのマナーは守って行動しましょう。

シニアのためのスナップ散歩

1-「スナップ散歩」のサイトについて
2-スナップ散歩のカメラ
3-スナップ散歩の遠出と持ち物
4-健康に趣味と散歩
5-写真の楽しみ方
6-スナップ散歩の効能
シニアのためのスナップ散歩-1

スナップ散歩のサイトについて

筆者はこれまでカメラの趣味を活かしながら散歩を楽しんできました。定年を過ぎた今は再雇用で働きながら相変わらずスナップ散歩を楽しんでいます。
このページは散歩で撮影した植物や郷土の風景・郷土食など、写真をまじえながら日記風に紹介しています。

シニアのためのスナップ散歩-2

スナップ散歩のカメラ

ご覧のサイト名には散歩の頭にスナップと付いていますから、当然ながらカメラを持った撮影散歩がテーマです。

スナップ散歩に持っていくカメラについては一眼レフカメラ
コンデジ

コンデジ=コンパクトデジタルカメラ
写真はデジタルスチルカメラ-サイバーショットSONY DSC-HX99。筆者愛用のカメラ(ポケットサイズ)
か、またはスマホ
その他
タブレットなど端末機器のカメラ機能もお手軽でしょう。最近は手のひらサイズにもかかわらず4Kが撮れたりするカメラもあります。昔では考えられないほどのデジタル映像機器にシニア世代にとってはビックリするばかりです。
の選択肢などがあり、どのカメラで撮影するかは個々の撮影スタイルによって決まってくるでしょう。

もし一眼レフカメラを持つならそれに付随したバッグや周辺機材を持つ事も考えられます。また一眼レフカメラは重くカメラへの気配りもあります、しかしミラーレスの一眼カメラなら軽く扱いやすく散歩には適しています。
ところで筆者は身軽なコンデジを持っていくことが多いですが毎回とは限りません。最近のコンデジは小さいからといって侮れませんし、高級コンデジと呼ばれるものは十数万円もする機種もあり、上位クラスになると画質も一眼レフに劣ることなく静止画や動画が撮れます。

シニアのためのスナップ散歩-3

スナップ散歩の遠出と持ち物や時間について

移動手段

スナップ散歩の準備は遠出近場(近所)のどちらかによって違ってきます。遠出をするなら目的地までの移動手段も考えなければなりません、車・電車・バス等、どちらにしても遠出は服装や持ち物に気を配ります。 車で行くなら駐車場も確保しなければならず、散歩終了地点から駐車場まで戻るのが少し不便に感じる時があります。個人的には土地柄のせいかバスの利用が多く、車と駐車場の心配がなく精神的に楽で解放的になれます。また散歩の終了地点から即帰宅することができます。帰りのバスでは写真のチェックとメモ帳を見ながらホームページ編集の構想も練ったりします。

持ち物

スナップ散歩の持ち物は、ほぼカメラで決まるといっても過言ではありません。スナップ散歩はコンビニの利用も考えとにかく「コンパクト」「身軽」を基本にしています。
ページ内の持ち物点検の記事 / ページ内の靴の記事

遠出のさんぽ時間

毎日という訳ではありませんが、土曜、日曜以外の日に撮影と決めて出かける時間は朝の10時ごろ、早朝6時に出掛けたりもします。この時間帯にしたのは通勤ラッシュを避けるためです。散歩に要する時間は約2、3時間で帰宅の途につきます。

帰宅は稀に夜になることもありますがほとんど夕方前には自宅に着くようにしています。帰宅するとシャワーを浴び、体力に余力があれば
写真の保存
外付けハードディスクに静止画や動画を保存し管理しています。
とチェックをします。散歩時間は住む地域や環境・状況にもよるので、スナップ散歩を続けていく中で最適な時間帯が見つかるでしょう。もし近場だけなら時間に気を遣うことなく自由に歩けますね。
スナップ散歩から2枚! 定期的に更新しています
スナップさんぽっ
/ Snap PHOTO Diary
オフシーズンの小さな島の港。観光の人気スポットの島だけにどこか寂しい感もある。海にはやはりシーズンはつきものだ、港で静かにガラスボートを休める穏やかな空気感に癒されながら時計に目をやった。フェリー出港の時間まではまだあることを確認すると、土産品店をすこし覗いてみようかな..
スナップさんぽっ
/ Snap PHOTO Diary
今回のスナップ散歩は本島から40q離れた小さな島を歩いてきたがさすがに疲れた。帰りのフェリーの客席でぐっすり寝ていたが、30分とは思えないほど何時間も寝ていたような気がする。ふと窓越しに海に目をやると大きなクルーズ船が見えた。カメラを手に甲板に出ると「おおきいなあ~
散歩や散策でスナップを楽しむことを当サイトではスナップ散歩と呼び、日常のなにげない風景や植物を主に撮影しています。住み慣れた近くには美しい風景はたくさんあるものです。 ...貴方の近くにも!!

縁側ひとくち茶話
Page-Jump & メインの茶話
#1-写真にサブ的要素を取り入れよう
#2-逆光の対策は測光モードで解決
#3-逆光は避けるより活かそう
#4-露出補正で黒を締めよう
#5-ファインダーとライブビュー
#6-構図について
#7-hufaレンズキャップ
#8-連続撮影
#9-ISOについて
#10-明るさをコントロール

スナップ散歩から樹木や花など植物の写真を集めました。
島の植物スナップ記

ちょっとしたカメラの豆知識はスナップ散歩をより楽しくしてくれるでしょう。ここではスナップ散歩で役立つカメラに関する基礎的な豆知識を端的に紹介しています。
カメラひとくち茶話
カメラの小箱

スナップ散歩から植物の写真を集め加工しました。フリー画像集
フリー素材集
スポンサーリンク
シニアのためのスナップ散歩-4

健康に趣味と散歩

シニアにとって自分時間をどう使うかは大きなテーマのひとつといえます。そして趣味の時間は大切ですし健康にもつながります。
ご覧のサイトでは散歩とカメラを扱っていますが、趣味はカメラだけとは限りません。シニア時間は充実した自分時間をどう過ごしどう生きるかが大切です。そして楽しく生き甲斐を持てるようになりたいものです。
散歩は健康にも良く、更にカメラの趣味がスナップ散歩の背中を押してくれます。健康は足腰からともいいます。さあカメラ持って散歩にでかけませんか。
ウォーキングと散歩の記事より




シニアのためのスナップ散歩-5

写真の楽しみ方

どんな趣味でも楽しくなければ長続きしません。散歩はそれだけでも楽しく運動になっていますから「良し」としても、スナップ散歩で撮影してきた写真はどんな楽しみ方があるんでしょう。写真の使い道がはっきりすると目標ができて、更にスナップ散歩が楽しくなります。
写真の楽しみ方で思い浮かぶいくつかを上げてみると、月並みですが写真を元にブログを始めるのも良いでしょう。また筆者のように写真をベースにホームページを作成するのも楽しいものです。それから写真は売ることもできます、ストックフォトといって自分の写真素材を仲介サイトを通して販売する方法です。またYouTubeもおすすめです。
お気に入りの写真は引き伸ばして、玄関や居間などに飾る楽しさもあります。貴方なりの楽しみ方を見つけていくのも趣味を謳歌するひとつといえます。




シニアのためのスナップ散歩-6

スナップ散歩の効能

スナップ散歩から写真をホームページで紹介するようになり、図書館に通う日が増えました。また植物や島の文化に歴史など視野が広がり、観察力も身に付いてきたような気がします。 なによりも歩く楽しさを発見できたことは大きなプラスになっています。スナップと散歩のマッチングは愛称が良く、また健康で歩ける喜びを実感しています。写真はいたって平凡で反省ばかりですが、それでも「良し」としているのがこのサイトのスタイルです。

スポンサーリンク
日本ソムリエ協会(J.S.A)の資格、そして世界最大のワイン教育機関が認定するWSET Level3以上の資格の知識と経験豊富なエキスパートが、ご要望に沿ってセレクトします。
番外編
ホームページの作成と横顔を番外編として紹介しています。
ホームページの横顔と作成

 

■孫とあそぶ-c3
1 4 4 4 4 4 4 4 6